着手金に注意

上記までの説明をみると、交通事故被害に遭ったときの弁護士への依頼は、メリットが大きいように感じられるでしょう。

事実、被害者側として保証を請求する場合には、保険会社以上の存在となります。ですが、注意点についても忘れてはなりません。弁護士と一口にいっても、弁護士個人や所属事務所によって、対応のシステムが異なります。

それぞれで金額や対応面を設定できるようになっており、個々で差別化が図られています。そのため、弁護士の中でも特に効率的に依頼できる相手を選ぶべきなのです。

特にポイントとなってくる点として、着手金が挙げられます。保証の数十%といった額でなく、着手以前に一定の金額を払わなくてはならないという仕組みです。

着手金が払えなければ、そもそも対応してもらえないケースも少なくありません。

そこへきて、交通事故に遭ったばかりの被害者は、心身ともにかなりダメージを受けています。着手金の用意が、大変に感じるケースもあるでしょう。そこでおすすめなのが、着手金無料の弁護士です。着手金は定番的なシステムですが、交通事故弁護士によっては着手金無料、初回相談一定時間無料など、良心的な仕組みを取り入れているところもあるようです。

安心して相談できるので、ぜひこだわって探してみてください。